漢方と漢方薬および中医学・中医漢方薬学



日本の伝統医学(漢方医学)に欠落するもの



 漢方とは中国から伝来した医術であり、漢方薬は漢方で用いる草根木皮や動物類を原料とした医薬であるから、漢方医学を「日本の伝統医学」と言うには些か疑問がある。

 日本の漢方医学は、実のところ中国の伝統医学の亜流に過ぎないのだから、日本の伝統医学という言い方は僭越に過ぎるように思えてならないからだ。元はと言えば、中国から伝来した医学を日本的に換骨堕胎を通り越して、吉益東洞の時代にあまりに切り捨てた部分が多すぎたように思えてならないということだ。

 百歩譲って漢方医学は日本の伝統医学であるとしても、ここには大きな欠落が見られる。

 つまり、漢方医学の重要な原典として、傷寒論や金匱要略は過剰なほどにバイブル扱いにするのはよいとしても、明~清代(みんからしんだい)に発達した温病学の重要な典籍『温病条弁』を無視し続けていることだ。

 だから、風邪やインフルエンザのようなありふれた急性疾患にも、傷寒論ばかりに拘って、葛根湯や麻黄湯類ばかりで対処するから、ほとんど有効性に乏しい。

 現実的な多くの急性疾患に漢方薬類で対処可能になったのは明~清代にかけて急速に進歩・発達した温病学のお陰なのであるが、古代中国医学の原典である傷寒論・金匱要略にばかり沈潜して、負けず劣らずに重要な『温病条弁』を研究しようとはされないのである。

 漢方医学に西洋医学流のエビデンス概念を取り込むのには熱心なこととは裏腹に、中国古代医学の原典は重要視しても、その後に急速に発達した温病学理論をまったくといってよいほど無視し続ける感性の矛盾を自覚出来ないのかどうか?

 良きにつけ悪しきにつけ(悪いほうが絶大だと愚考するが)、我が愛するこの日本国の漢方医学の実態は、吉益東洞以来、些か信じられないほどの現況なのである。

 もちろん一部の識者、つまり本場の中医学理論の優越性を認識する医師・薬剤師は「わが国の伝統医学」に大きく落胆して完全に方向転換を済ませている人も多い。温病学を含めた中医学理論を身につけ実践しているのであるが、巷にあふれる情報の多くは「日本の伝統医学」である漢方医学レベルの葛根湯や小青竜湯、あるいは八味丸レベルのものばかりで、まだまだ本場の中医学が日本に根付かない現状は、このままでいいのだろうかと、大いなる疑問が残るところである。

 真正の漢方医学における疾病観は、
 五臓間における気・血・津液の生化と輸泄生成・輸布・排泄)の連係に異常が発生し、過不足が生じたときが病態である。
 それゆえ、五臓それぞれの生理機能の特性と五臓六腑に共通する「適度な流通が必須である」という性質にもとづき、病機(病理機序)と治法を分析する。
 具体的には、
 ①病因・病位・病性の三者を総合的に解明し、
 ②気・血・津液の昇降出入と盈虧通滞量的な過不足と流通の過不足)の状況を捉え、定位・定性・定量の三方面における病変の本質病機=証)を把握する。
 これらの分析結果に基づき、
 病性の寒熱に対応した薬物を考慮しつつ、
 ①発病原因を除去し、
 ②臓腑の機能を調整し、
 ③気血津精の疏通や補充を行う。

 今後期待される漢方医学は、上記のような真の東洋医学に相応しい疾病観と治療学を基礎とすべきであろう。