漢方と漢方薬および中医学・中医漢方薬学



中医漢方薬学派の特徴および特長

 専門家の間では中医学をマスターすればするほど、煎じ薬でないと実際の中医学的な適切な漢方薬は作れないというのが通り相場であるが、これはまったくの迷信に等しい考え方である。
 逆に、キメ細かな中医学理論を修得すればするほど、逆にインスタント漢方でも、十分に通用することを知るはずである。

 このようなことはどの本にも書いてないが、たとえば中国は広いから、各省ごとで漢方製剤原料である生薬を現地調達しなければならないので、効能の目的が一致すれば、代用生薬が使用されることが多い。

 要は、弁証論治にもとづく効能本位で、あらゆる生薬を有機的に応用するのが中医学の基本でもあり融通性に富んだところでもある

 このことは漢方処方においても同様なことが言えるのであり、基本方剤をとても大切にする漢方医学、日本漢方の精神を受け継ぐとともに、これに中医学理論を導入し 「中医漢方薬学」と名付けて、煎薬を使用せずとも、エキス製剤を中心に組み合わせて応用すれば良いのである。

 それを長年実践し、結果としても多くのことを証明しているのが「中医漢方薬学」派なのである。

 しかも中医漢方薬学派の最大のアイデンティティーは、病名は参考にはしても最近の中医学世界で行われる「同病異治」の世界、つまり病名に基づいた中西医結合的な弁証分型にはこだわらずに、基礎理論はすべて中医学理論に基づきながらも、常に日本古方派の最大特徴である「異病同治」の方向を主体にしているものである。