漢方と漢方薬および中医学・中医漢方薬学

 

漢方風邪薬の宣伝文句「青い風邪」「赤い風邪」と截然と区別することへの疑問

 

 寒気ゾクゾクして全身の節々が痛い、透明な鼻水サラサラの「青い風邪」と、咽喉が乾燥して痛く赤い顔した「赤い風邪」と区別する宣伝文句が巷で決まり文句のように喧伝されている。

 漢方薬局などの風邪薬の宣伝文句によく使用される「青い風邪」や「赤い風邪」だが、果たしてこのようにきっぱりと分けられるものだろうか?

 青い風邪には葛根湯や麻黄湯あるいは小青竜湯などが使われ、赤い風邪には銀翹散製剤というのが通り相場。

 ところが臨床の現実では、ことほど左様に截然と分けられるものではないのである。


 最初は青い風邪から、すぐに赤い風邪に変わったり、あるいは青い風邪と赤い風邪が同居していたり、むしろこのような赤い風邪と青い風邪が混合していることのほうが断然多い。

 だから、宣伝文句のようにきっぱりと分けてしまうから、治る風邪も治りにくい。

 漢方医学や中医学は、それほどマニュアル化出来るほど単純ではない。

 臨床の実際というのは、風邪や流感といえども、普遍性と特殊性という両面から考えて適切な漢方薬を考える必要がある。